活版印刷の名刺

先日事務所を移転した為、名刺をリニューアル致しました。
九月にchordmarkを立ち上げた段階で11月に引っ越しがすでに決まっていたので、今まで使用していた名刺は間に合わせでサクッと制作したものでしたが、やっと正式な名刺の作成にこぎつけました!

2011.12.17 Sat
カテゴリー ▶︎  Design News

名刺のデザインではやりすぎない程度に、信頼感を損なわない程度に、「馴染みやすい印象を与える名刺」を目指しました。

そこで今回は生まれて初めて活版印刷にトライしてみました!
いや~、いいですね、適度に擦れてくれて若干の凹凸がある。中々オフセットには出せない味を出せる事ができました。

名刺印刷とかのスモールグラフィックで且つ消耗品は難しい。
安くしようと思えば
500円でも出来るし、高くしようとすれば鬼のように高くなる。
単価を安くして多く刷るのか、それとも単価は高いが小ロットで総額を安くするのかは、その人たちの使用頻度によって様々。

値段と使用頻度と、コミュニケーションツールとしての見せ方とのバランスを考えてデザインしないと、どれだけ格好よくても、自己満足になるか経費の圧迫材料になる名刺になってしまいますよね。

今回は活版印刷で有名な中村活字さんにお願いいたしました。

しかし、こういう印刷にトライして単純にワタクシ、楽しかったです。