Service

ビジョンと魅力を最大限に引き出し、
伝え、浸透させるために

Creative

Creative

売り上げや経営に活かすための販促の手法は、世に溢れ多岐にわたります。
数ある方法の中でコードマークが拘り、力をいれているところは、ビジョンや魅力を理解し、引き出し、浸透させること。
2018年10月以降にご依頼いただいく初回のお客様の案件は、まずブランドレクチャーを行い、
それからビジョンやサービスを把握するフェーズを経て初めて制作にはいるワークフローへと変更しました。(※一部例外あり)
それはブランディングの視点で、お客様のビジョン達成のために何が必要なのか、共に見定めながら進め、
クリエイティブに反映する必要があると思っているからです。
お客様らしい魅力を販促に活かすこと、そして社内の活気につなげるメッセージやクリエイティブが、
お客様の今後のマーケティング活動の土台になり、コアになると考えています。

Work

お客様自身でブランド力を
あげる力を得るために

Support

デザインを制作する過程を通して、ブランディングに関する知識やノウハウをお客様に伝えていきます。
ブランディングプロジェクトを発足させるのは、コスト的にも時間的にも、お客様にとってハードルが高くなりがちです。
一つ一つのデザイン制作の中で、すこしでもブランディングに関する知識や意識を持っていただく機会を設けることで、
お客様自身がブランディングの視点を取りいれ、活動し、ビジョンに向かっていける力を徐々に身につけることを目的としています。

  • お客様のブランディングに
    活かすために。

    BRAND
    LECTURE

    ブランドレクチャー

    初回のお客様には、キックオフミーティングの際、ウェブやロゴなどの制作のご依頼であっても、簡単なブランディングのレクチャーを行います。足並みを整えることで、打ち合わせや決定事項の精度を上げていきます。
    なにより、お客様の今後のブランディングに役立ちます。(一部例外あり)
  • 造ったものを無駄にしないために。

    FULL
    KATSU

    Sheet
    デザインを活かすためのアドバイス
    制作過程の中で得た様々な副産物にこそ、価値があります。
    その価値を活かすため、納品後、設定したターゲット像や目的などをまとめ、ビジョン達成のために今後何ができるか、制作したものをどう活用していくか、このシートとともに簡単にご提案いたします。(一部例外あり)

ビジョンを貫き通す力をつける

Work Flow

※このワークフローは中小企業さまを前提としたものです。またご依頼内容によっては、違うワークフローを行うケースもございます。

  • お問い合わせ
    問い合わせフォームよりお問い合わせください。3営業日以内に返信いたします。
  • ご要件確認
    制作のご依頼を検討されている方はご要望をお聞かせください。概算見積もりに向けてヒアリングをいたします。
    同時に弊所のご説明をさせていただきます。
  • 概算見積もり、
    契約条件の
    ご提出
    概算見積もりをご提出いたします。ここでは、¥10,000〜¥20,000といった形で幅でご提出いたします。
    この段階では、決定金額の提出は難しいため、
    案件規模をある程度想定をした上で、どのくらいの料金感なのか把握していただくためのものです。
    また、契約の条件もご提出いたします。
  • 正式発注
  • ブランド
    レクチャー
    デザインのみのご依頼であっても、プロジェクト参加メンバーの方にお集まりいただき、
    まずは、ブランディングの基本的なことをご説明いたします。
    デザインやブランディングに対する目線を変えることで、お客様の取り組みを一つ上の段階へとひきあげます。
  • サービス把握
    お客様のサービスを把握します。実際に見たり、体験して理解を深めます。
    サービスを理解しないと、企業のビジョンも戦略も理解することはできません。
    一つ一つ把握する工程を最初に行い、下準備をしてから、実際の制作に取り掛かっていきます。
  • 代表者との
    お話し
    ビジョンや理念などをお聞きし、デザインを経営に活かすための根っこを収集します。
    大切にしているのは、型にはまった教科書のような理念を聞くことではなく、
    もっとエモーショナルなお話しを聞くことです。
  • 制作開始
    基本情報の把握が済みましたので、実際に制作するものについて、打ち合わせ、
    ご提案をしていきます。その後の流れについては、お客様の状況、ご依頼内容によって、順次変わっていきます。
  • Full Kastu
    Sheet
    制作物が完成したら、それを使う際の注意点や活用法を記載したシートをお渡しします。
    また、代表者とのお話や制作過程の際に気になった点を踏まえ、今後のご提案を行い終了となります。