Vision

働くすべての人が、
やりたい事を
エンジョイできる
社会を。

Vision image

仕事が楽しくても休日も常に電話やメールが来て気が休まらない人。逆に売り上げがあっても仕事がつまらなく、やりがいも感じられない人。家族に介護が必要な人がいるのに会社を休めることもなく、何もかも苦しい状況にいる人。それぞれたくさんいると思います。

子供じみた理想に聞こえるかもしれませんが、お客様には売り上げは当然ですが、経営者と従業員の夢と情熱、仕事のやりがいや楽しさがあり、そしてちゃんと休める企業であってほしいと思っています。
つまり「売れている会社」ではなく「いい会社」を増やしたい。

ブランディングは差別化やマーケティングの視点を多分に含んでいますが、同時に「自社らしさの追求」も怠りません。
だからこそ、働く全ての人が時代に翻弄されない、よい社風を持った企業進化へのきっかけになれると信じています。

Mission

ビジョンを晴らし、
貫き通せる力を
育むこと

Mission image

経営者が描いたビジョンは、どんどん曇っていってしまうもの。経済事情や業界構造の影響だけでなく、いつの時代も理想を口にすれば、風当たりは強いもの。結果、目の前の短期的な売り上げばかりで、ビジョン実現へ向かうステップを踏めない。そんな企業はとても多いと思います。

コードマークのミッションは、デザインというアウトプットのプロセスを用いて、そんな曇ってしまったビジョンをスカッと晴らすこと。
なぜならブランド力を高める一番の源は、企業の情熱と理念、そして従業員を大切にする姿勢からくるものだと考えているからです。そのためには、社員全員で共有できるぐらいのクリアなビジョンが必要です。
それらを掘り下げ、活かし、メッセージとして発信するデザインを用いて、曇りがちなビジョンを晴らし、貫き通せる力を育みます。

philosophy

琴線にふれる
仕事をしよう。

Philosophy image

アシスタントデザイナーとして奮闘していた駆け出しの頃、とても悩んだことがあります。それは「デザインは誰のために作っているんだ?」ということ。
担当者の好みを反映させるだけの現実を前にして、何の為に作っているのか分からないデザインをつくる毎日に何の価値があるのか、大変やさぐれました。

デザインは使う人や届ける人の事をちゃんと考えて作らないと何の価値もない。そう思っています。
ちゃんと意味のあるデザインを作りたい。それも担当者の好みを満足させるようなものではなく、ちゃんと人の役にたつものを。そしてそれは、マーケティングやロジックを形にするだけの機械的なものではなく、デザインだからこそできる人の琴線にふれるものを作りたい。そしてそのプロセス自体も琴線にふれるような価値あるものであってほしい。

そんな象徴となれるように琴線のしるし(chord + mark)という言葉を屋号にこめました。